仏画教室
15395
page-template-default,page,page-id-15395,bridge-core-2.1.7,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-20.4,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

仏画教室

仏画の世界観、様式など学びます。
描く紙、筆、墨など道具の説明を受け、描く順序に従い描き進みます。
描く対象、仏像の写真など資料を基にして観察します。
すぐには描きません。
自身の心境と心、静かな心持ちにて線画をおこすことより始まります。

仏画教室案内

寺院を訪れ、仏像そして仏画を前にし、おだやかな心持になります。
現代の私共にも、仏教芸術は奥深く息づいています。
こころ静かに、自身と向き合います。

京橋絵画教室の仏画教室では、思想や宗派を超え
昇華された絵画として静謐な、精神世界へと創作体感いたします。

京橋絵画教室の仏画教室では芸術を修得いたします。
仏画見本を模倣することに留まりません。
仏画の伝統的な画法を軸に、写経ならぬ写仏にて心し筆をとります。
仏像の写生又、写真など資料より自身の感性にて写し描きます。
自身の内なる仏の姿を、自身の考えと感性を大切にして創作します。

画材

仏画は墨と筆、そして日本画材を用いて
紙や絹本などに仏の姿を描きます。

描き方

  • 白描画|字のごとく白地に墨の線のみで表現します。
  • 着彩画|白描の線の中に着彩し色鮮やかな世界を表現します。
  • 金彩画|紺など色彩の紙に金の線で表現します。
  • 銀彩画|紺など色彩の紙に銀の線で表現します。

学びの手順

はじめは半紙に墨を用い写し描く白描画から始まります。 後に、日本画材を用い彩色を修得します。 また、金、銀を用いた白描画も修得します。 完成した仏画は軸装、巻子、額装、版画などにして楽しめます。

開講スケジュール

講師紹介

kaiga-okano-1240x619

岡野 正子
MASAKO OKANO

日本画 仏画
武蔵野美術大学卒業

受講料金

入会金:¥10,000.
1回:¥7,000.
2回:¥8,000.
3回:¥9,000.
4回:¥10,000.
※消費税は金額に含まれておりません。

入会申込

ご見学希望の方は見学申込フォームよりお問い合わせください。